×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Hi-net自動処理震源マップ


地震予知ブログ更新情報の本サイトのリンクにもありますし、
以前も一度リンクを貼りましたが、Hi-net自動処理震源マップを最近
興味を持ってチェックしています。

Hi-net自動処理震源マップ


下の画像は、この記事をアップした時刻現在のデータを
画像ファイルとして保存したものです。(クリックで拡大します)

JAPAN_MAP.png


マップ上の●の色は、震源の深さを表しています。
浅い← <<オレンジ<<<<黄緑<<<<<< →深い
となっています。

また円の大きさ自体は、マグニチュードを表しています。

右上の期間を30日にすると、地盤がどういう傾向で動いているのかがわかります。




現在、日本列島全体は震源の浅い小さな地震が頻発している状態。
東北から関東にかけての沿岸では、やや深めが震源の中規模の地震が頻発。

そして、東海沖から能登半島を縦断するように、
きわめて深い部分が震源でマグニチュードも5前後という
大きな規模の地震が断続的に起きているようです。
(これは震源が深すぎて体感はあまりないようですが)

東海~北陸にかけてと、沖縄~五島あたりにかけて、
また北海道北端から樺太にかけての辺りも
地盤のかなり深い部分で大きな動きがあるようです。


本サイトは予知系のブログを主に集めていますが、
こういった科学的な分析やデータを公開したサイトは
リンク集のほうに掲載しています。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。